失敗しない為のアンダーヘア処理方法徹底ガイド TOP

アンダーヘア処理方法

アンダーヘア処理ってどうすればいいの?

アンダーヘア処理の正しいやり方を知らないと傷が残ったり、痛い思いをすることになります。
自分で処理を行うことも可能ですが、毛抜きは毛穴にかかる負担があり、カミソリは切り傷を作るリスクがあるため、本来望ましくありません。また、家庭用脱毛機はデリケートゾーンに対応していないものが多いので、特にIラインやOラインには使用できないものが多いです。
確実かつ安全、そして仕上がりの綺麗さ、これらのことを考えると、エステサロンを利用することがおすすめです。
このサイトでは、お得なキャンペーンを行っているエステサロンの比較・紹介と処理方法における勘違いや正しいやり方についての解説を掲載しているので、アンダーヘア処理の総合ガイドとして活用して頂ければと思います。

おすすめアンダーヘア処理方法BEST3

ランキング1位
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム 入会金は必要なく、また急に予定が入った際のキャンセル料や予約の変更での別料金も無く、効果が感じられなかった時には費用の返金にも対応している非常に使いやすいサロンです。
精神的な負担を避けるため、脱毛方法はニードル式やレーザー式に比べて痛みが軽く、両脇ならわずか3分で脱毛が完了する「S.S.C.脱毛」という方法を採用しています。
サロンで働くスタッフは全員が専門の教育を受けた正社員であるため、高い技術力と責任を持って接客・施術を行っており、約3割が口コミで来店して評判のエステサロンです。
詳細を見る
キャンペーン料金 キャンペーン対象 キャンペーン期間 口コミ
初回100円 両ワキ+Vライン 6/1~6/30 口コミ5
ランキング1位
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム 入会金は必要なく、また急に予定が入った際のキャンセル料や予約の変更での別料金も無く、効果が感じられなかった時には費用の返金にも対応している非常に使いやすいサロンです。
精神的な負担を避けるため、脱毛方法はニードル式やレーザー式に比べて痛みが軽く、両脇ならわずか3分で脱毛が完了する「S.S.C.脱毛」という方法を採用しています。
サロンで働くスタッフは全員が専門の教育を受けた正社員であるため、高い技術力と責任を持って接客・施術を行っており、約3割が口コミで来店して評判のエステサロンです。
詳細を見る
キャンペーン料金 初回100円
キャンペーン対象 両ワキ+Vライン
キャンペーン期間 6/1~6/30
口コミ 口コミ5
ランキング2位
脱毛ラボ
脱毛ラボ 脱毛ラボは「いたくない」「安い」と評判の全身脱毛専門サロンです。
イタリアのDEKA社が日本市場向けに開発したマシンを使用し、安定した結果と痛みの少ない施術を可能にしています。さらに美白成分と抑毛成分を配合したビーンズジェルを使用し、満足のいく結果が得られるのです。
徹底したコストカットによりプチプライスを実現し、勧誘もないので安心して通えます。アンダーヘアの処理には頭金やローンのいらない単発脱毛プランがおすすめです。
詳細を見る
キャンペーン料金 キャンペーン対象 キャンペーン期間 口コミ
初月0円 全身48ヶ所 ~6/30 口コミ4
ランキング2位
脱毛ラボ
脱毛ラボ 脱毛ラボは「いたくない」「安い」と評判の全身脱毛専門サロンです。
イタリアのDEKA社が日本市場向けに開発したマシンを使用し、安定した結果と痛みの少ない施術を可能にしています。さらに美白成分と抑毛成分を配合したビーンズジェルを使用し、満足のいく結果が得られるのです。
徹底したコストカットによりプチプライスを実現し、勧誘もないので安心して通えます。アンダーヘアの処理には頭金やローンのいらない単発脱毛プランがおすすめです。
詳細を見る
キャンペーン料金 初月0円
キャンペーン対象 全身48ヶ所
キャンペーン期間 ~6/30
口コミ 口コミ4
ランキング3位
銀座カラー
銀座カラー 創業20年の歴史を持つ銀座カラーは、多くの女性たちに愛される脱毛専門サロンです。
脱毛のたびに美しいお肌になれる「赤ちゃん肌脱毛」、ムダ毛のないお肌を実現する「高結果サポート」、利用しやすい「リーズナブルな料金」のほか、完全個室を多く用意し快適なサロンづくりを心掛けています。
お支払いプランの相談ができるので全身脱毛も利用しやすいですよ。アンダーヘアの脱毛はお得なトライアルコース、パーツを選べるフリーチョイスが用意されています。
詳細を見る
キャンペーン料金 キャンペーン対象 キャンペーン期間 口コミ
初月0円 全身22ヶ所 - 口コミ4
ランキング3位
銀座カラー
銀座カラー 創業20年の歴史を持つ銀座カラーは、多くの女性たちに愛される脱毛専門サロンです。
脱毛のたびに美しいお肌になれる「赤ちゃん肌脱毛」、ムダ毛のないお肌を実現する「高結果サポート」、利用しやすい「リーズナブルな料金」のほか、完全個室を多く用意し快適なサロンづくりを心掛けています。
お支払いプランの相談ができるので全身脱毛も利用しやすいですよ。アンダーヘアの脱毛はお得なトライアルコース、パーツを選べるフリーチョイスが用意されています。
詳細を見る
キャンペーン料金 初月0円
キャンペーン対象 全身22ヶ所
キャンペーン期間 -
口コミ 口コミ4

アンダーヘア処理ってどの程度した方が良いの?

アンダーヘアは、主にVライン・Oライン・Iラインの3つのパーツごとに分けて処理をします。自然にヘアを残すなら、Vラインはビキニを着たときにはみ出る部分を、Iラインは水着や下着のクロッチからはみ出す部分を、Oラインは肛門まわりなのですべてを処理するのが一般的です。
欧米ではVラインもOラインもIラインも、1本残らず全部抜いてしまう人がほとんどです。セクシーな下着も水着をいつでも着こなせるし、ムレやにおいがなくて快適になるのです。こんなメリットから欧米では、男性にも脱毛する人がけっこういるそうですよ。
だからといって日本でも全部なくしてしまうのが良いかというとそうとも限りません。無毛状態で温泉に行くのはなんだか恥ずかしいですし、いかにも遊び慣れている女性という感じがして嫌だ、と受け取る男性もいます。個人の好みに加え、他の人からどう思われるかも考えた上で、脱毛を行うと後から後悔することを避けることができます。

アンダーヘアの脱毛前にはしっかり相談しよう!

サロンではVIOラインのすべてを処理するセットコースが人気で、全部抜いてしまうこともできますし、自然に残すことも可能です。
脱毛してしまうのに抵抗がある方は、デリケートゾーンの脱毛の前に、まずアンダーヘアの形を決め、どのような形で残すのかをよく考えましょう。
彼氏がいる人は好みを聞いておいた方が安心です。まったくなくしてしまうのは好みではない、という人も多いためです。エステティシャンと相談するのも大切ですが、二人の仲が円満に続くためには彼氏と相談するのも同じぐらい大切ですよ。


アンダーヘア処理の基礎知識

アンダーヘアをカミソリで処理するときは注意点を押さえておきましょう。お肌を守るためシェービングクリームを使うのがおすすめです。剃る前には短めにカットしておき、VラインやIラインは下着や水着からはみ出さないように剃るラインを決めます。Oラインは粘膜を傷つけないため、カットするにとどめておきましょう。カミソリよりも電気シェーバーの方が安全性が高いです。剃るとすぐに毛が伸びてきてしまうため、応急処置としての方法と考えた方が良さそうです。

基本的に脱毛クリームでアンダーヘアを処理するのは推奨されていません。デリケートな部分なので薬品を使うにはリスクがあります。ビキニラインに使える除毛クリームは販売されていますので、お手入れをするときは必ず使用法を守りましょう。ワックスもクリームのように使えますが、角質にダメージを与えかなりの痛みも伴います。ブラジリアンワックスはすべて抜いてしまうものですが、実際には処理したい部分だけに使うと良いでしょう。

アンダーヘアは抜いたほうが仕上がりがきれいで失敗も少なそうですが、その手段は選んだ方が良さそうです。毛抜きは手軽でお金もかかりませんが時間がかかります。抜くときの方向に注意しなければ毛根が皮膚に残ってしまいますし、痛みも大きくなります。皮膚の黒ずみや埋没毛の原因になることも多く、皮膚に負担をかけることで毛穴が目立つようになる、といった落とし穴もあります。家庭用脱毛機を使う場合はデリケートゾーンに対応したものを使いましょう。

アンダーヘアが長すぎると感じる人はカットしてみましょう。はみ出さない程度の長さに整えておけば水着や下着姿になっても安心です。はさみで切ると先端が鋭利になり、下着を突き抜けてしまいます。ヒートカッタータイプのアンダーヘア専用のVライントリマーなどを使用すると先端が円く処理され、突き抜けることもありません。短く切りすぎるとチクチクとした不快感が生じますので、1~2センチ程度の長さに整えるのがッポイントです。

脱毛エステでアンダーヘアを処理するのも一つの方法です。恥ずかしいという気持ちはあるかもしれませんが、メリットも多いのでお試しメニューで挑戦するのもアリでしょう。エステを利用するメリットは仕上がりの美しさ。業務用の光脱毛機を使うので毛根からきれいに処理することができます。フォルムにもいろいろなバリエーションがあり、デザインも自由自在です。デメリットはお金がかかることや通う手間がかかること。お店によって評判が違いますので、口コミをチェックしてサロンを選ぶことも大切です。

アンダーヘアの自己処理が上手くできない、面倒という人は脱毛エステを利用しましょう。最近はデリケートゾーンの脱毛ができるサロンも増えています。脱毛エステでは6回で5万円から8万円、12回で10万円前後という料金設定となっていますが、きれいな状態になるまでに必要な回数は個人によって異なりますので、最初にエステティシャンにしっかり相談しましょう。初めてエステサロンに行く人はリーズナブルな体験脱毛でアンダーヘアの処理を試してみるのがおすすめです。

部位別処理方法

Vラインはデリケートゾーンの中でもっとも気をつけて処理をしておきたい部分です。特に夏は水着を着ますので、はみ出して恥をかかないように処理をしておきましょう。あるアンケート調査によれば7割の人がビキニラインで心配したり不安になったりした経験があるそうです。自分で処理をするなら剃る・抜く・切るといった方法がありますが、きれいに仕上げるためにはそれぞれ注意が必要です。脱毛エステならきれいに仕上がりますし、安心感も大きいです。

Oラインは自分で見ることはありませんが、人に指摘されて初めて脱毛を考える部分ではないでしょうか。肛門まわりという場所だけに人に処理してもらうのは恥ずかしいと思う人も多いですが、自分で抜いていると逆に毛が濃くなってしまったり、思わぬケガをしたり、といった可能性もあります。家庭用脱毛機はOラインでも使用が可能なものを取扱説明書をよく読んで使います。もっとも安全な方法は脱毛エステを利用することです。根元からきれいに抜けるので仕上がりもきれいですよ。

IラインはVラインほど目立ちませんがアンダーヘアのはみ出しには注意したい部分です。水着や下着からはみ出さないよう適切な処理をしておきましょう。デリケートな部分なので自分で処理するにはアイテムを選ぶ必要があります。特に粘膜部分を傷つけると炎症を起こすリスクもあります。簡単な処理方法はワックスですが、痛みもかなりありますし何度も繰り返さなければいけません。家庭用脱毛機を使うならIラインに対応したものを。脱毛エステは失敗が少なく最も安心な方法と言えます。

Copyright(c) 【2014】 失敗しない為のアンダーヘア処理方法徹底ガイド All Rights Reserved.